夏休み自由研究応援組合

欲しい本が無かったら、スマホで探すのもいいんじゃない

欲しい本が無かったら、スマホで探すのもいいんじゃない

村上春樹との出会いは現代文の教科書だったモンちゃんです。こんにちは。
「騎士団長殺し」は諸々の都合で読めておりません。ハードカバーの本ってこれと重さ的には変わらないと思うのですが、片手で読めないのは地味にハードルが高いです。

さて、国語の教科書・現代文の教科書(あと、古文の教科書)には様々な文章が載っています。
全文載っているものもあれば、面白いところだけ抜き出されているものもあります。前者はともかく、後者だと「続きが知りたい!」と思うことも……

村上春樹のように存命の作家ならともかく、著作権が切れているような作品だと、書店では見つからないこともあります。
今すぐとにかく早く読みたい! なんてときは、店頭での注文はおろか、Amazonの注文ももどかしくなります。
今日はそんなときに役立つ(かもしれない)提案、「欲しい本が無かったら、スマホで探すのもいいんじゃない」をお届けします。

欲しい本が無かったら、スマホで探すのもいいんじゃない

今回お伝えする方法で見つかるのは、基本的に著作権が切れている作品のみです。
比較的新しい作品をお探しの場合は、素直に店頭かAmazonで注文しましょう。

インターネット上にはインターネット上の図書館がある

インターネット上には、青空文庫という電子図書館があります。
著者没後50年を過ぎて著作権が消滅した作品や、著者が許諾した作品のみを取り扱っているということですが、閲覧可能な作品はなんと1万点以上!
ただし翻訳モノの場合は著者没後50年経っていても、翻訳者の著作権が残っていて、掲載できないというものも。
(17/8/10追記:ホームズは「コンプリート・シャーロック・ホームズ」がオススメです。)

かたよりもあるので、一概になんでも見つかる……というわけではありませんが、結構コアな作品が見つかる場合もあります。

貸し出しカードはいらないけれど……

相当数の作品が見つかる青空文庫ですが、スマホ上で使うにはデメリットもあります。
そのひとつが、ブラウザ上だと必ず横文字になってしまうこと。

ブラウザ版青空文庫

それからブラウザで検索すると、検索結果に公開予定の作品がしれっと混じって来ることです。

特に他意はない「ロボ」の検索結果

読みたいのに「そろそろ読めます」という情報だけ出て来るのは、なかなかストレスになります。

これらのストレスを軽減してくれるのが、青空文庫を読むためのアプリケーションです。
青空文庫用のアプリは無償・有償でいくつか存在します。
私はiPhoneユーザーなので、「i読書」を利用しています。

i読書のアイコン
i読書をダウンロード

無料のアプリですが、広告の除去に¥120かかります。
とはいえ、実際に読む画面には広告が入らないので、「広告が邪魔!!」という気持ちはあまり起きません。

一部はあるんです、ホームズ。

なかなか「わかっている」アプリだと思います。
読むときのフォントを選べるのも、個人的には高評価です。

この他にも青空文庫と連携できるスマホのアプリは数多くあります。
自分の使いやすいアプリを探すのも、読書の手助けになると思います。

i読書も万能ではない

一応いくつか使い比べた上で「i読書」で青空文庫を使い始めるに至ったので、私は「i読書」推しです。
そんな中、「i読書」で青空文庫使ってみるか〜! というユーザーさん向けに、幾つかお伝えしておきたい事項がございます。

検索の位置にツッコミを入れたくなる

理由は不明ですが、「i読書」の検索ボタンは「作者名別」のページからしか使うことができません。

タイトルも検索できるでしょあなた!

作品名から検索したいときも、「作者名別」から検索することになります。
ブラウザから利用できるWeb版のように、未来の検索結果を出して来ることが無いので、その辺は優秀(?)です。
今現在の段階で、青空文庫内からダウンロード可能な作品だけを探してくれます。

結構頻繁に更新を忘れる

i読書に新しい本のデータを反映するのは、手動です。
「設定」から「青空文庫データベースを更新」を行わないと、新しい本が検索で出て来なくなります。

押すのは無料です

ジャンプを買いに行くぐらいの気持ちで、定期的に更新しましょう。

終わりに

いかがでしたでしょうか?

本日は「欲しい本が無かったら、スマホで探すのもいいんじゃない」と称し、スマホ上で使える「青空文庫」についてご説明いたしました。
有名どころが無いと思ったら、Amazonでも取り扱わないレアモノがあったりもする青空文庫。
教科書や参考書で面白そうな本を見つけたら、探してみると新たな発見があるかもしれません!

関連記事

  1. コーヒーは、通貨じゃない
  2. iPhoneの電卓は意外とかしこいやつだよ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

月別記事

カテゴリー一覧

PAGE TOP