iPhone・iPadのTIPS

iOS 11では緊急時もiPhoneにお任せ!

突然ですが昔は「トリビアの泉」を見ていたモンちゃんです。こんにちは。
「ピンク・レディーのUFOを知らない踊りの好きな民族が考えた振り付けは○○○」のオチは結構衝撃的だったので、未だに覚えております。
トリビアの泉を知らない若い方や、オチを知らない方がおられましたら、ぜひ「トリビア UFO」で検索してみてください。

そんな衝撃的なオチとなった「UFO」を歌った、「ピンク・レディー」。
彼女たちが発表した曲に、放送時は必ず冒頭部分が切られる「S・O・S」という曲があります。
冒頭部分がモールス符号のSOSだから、という理由です。(※トリビアではない)

それとは全く関係ないと思うのですが、特にSOSを送る機能が付いていなかったiPhone。
LEDライトがiOSの機能としてついたときも、SOSができないなんて! と一部界隈では怒りの声が上がっていました。
(正確にはロック画面からでも、緊急発信だけならできたのですが……)

しかしながらこの度、iOS 11にてついに緊急SOS機能が正式に実装されました。
今日はいざというときに使えるようにしておいきたいこの機能、「緊急SOS」についてご説明します。

iOS 11では緊急時もiPhoneにお任せ!

緊急SOSよりモールス符号がなんだかよくわからないんですけど! という方には、天空の城ラピュタを見るのがオススメです。
ムスカ(メガネ)が冒頭で使っているのがモールス符号です。

自分のiPhoneの緊急SOSの使い方を確認しよう

緊急SOSはiPhoneの機種ごとに使い方が違います。
いつでも使えるようにあらかじめ確認しておきましょう。
確認方法は以下の通りです。

設定アプリを開いて、「緊急SOS」を押すだけです。

-・-・・ ・-・-・ -・-・・ ・・- -・--- ---・- ・-・・・ ・--・- -・--- ---・- 

iPhone 6sではスリープ/スリープ解除ボタンを5回押すと緊急SOSが発信できます。

・--・ ・-・・ ・- ・-・・ -・ -・ ・・ -- 

iPhone7/7 Plus以前の機種は、6s同様「スリープ/スリープ解除ボタン5回押し」が緊急SOS。
iPhone 8/8 Plusは「スリープ/スリープ解除ボタンと音量調節ボタンを同時押し」が緊急SOS。

本当に緊急のとき、誰かのiPhoneで緊急SOSを出すときにはこれを使います。
覚えておきましょう。

ちなみになぜかインド版iPhoneは3回押しでいいらしいです。

緊急SOSを発信すると

カウンドダウンが完了すると同時に、通報されます(場合によっては通報先を選択する画面が出ます)。
「本当に通報してくれるの?」と疑った方もいらっしゃるかと思いますが、本気と書いてマジのマジです。
どれぐらいマジかというと、トロント警察が怒るぐらいマジです。

通報と同時に「ヘルスケア」に入れている情報や位置情報等も、各機関に通知され続けます。
さすがに怖いので試していませんが、見知らぬ土地での通報なら「電話」からするより確実性が高いのかな……?
(フリではありません。平常時には絶対に試さないでください)

いたずらが怖いならオフにもできます

小さいお子さまなどがおられる家庭で、うっかり通報されたら困る……ということでしたら、緊急SOS機能をオフにすることもできます。

「自動通報」がオフ(白)になっていれば、緊急SOSがオフの状態です。

--・-・ ・・ ・・-・・ ・・ ・・- ・--・ ・・- -・・ ・・- 

念のため、不安なときはちゃんとオン(緑)になっているかを確認しておきましょう。

10年目にして、iPhoneはついに防犯ブザーとしての力も手に入れた

「自動通報」がオン(緑)だと、下のところに「カウントダウンで音を出す」という項目が出現します。

ここをオン(緑)にすると、カウントダウンが開始すると同時に警告音がなります。

-・・ ・・ ・・- -・・・ ・-・-・ --・・ ・・ -・-・- ・・ ・--・- ・-・ ・-・-・ ・-・-- --- ・ ・・ -・--・ --・-・ ・・ --・- ・--・- ---・ ・・ 

結構ガチの警告音が大音量で鳴ります。
防犯ブザーとしての性能は十二分と言えるでしょう。

終わりに

以上、緊急時に役立つiPhoneの「緊急SOS」のご紹介でした。
いざというときには一番役立つ機能ですので、覚えておきましょう。

とりあえず、せっかくなので明日使えるムダ知識をあなたに。
SOSのモールス符号を緊急時以外で電波に乗せると、電波法に違反します。
そのためかどうかは知りませんが、ラピュタの冒頭で襲撃を受けたムスカが発信しているのは「VVV」の調整符号(マイクテストのようなもの)です。
うっかり初っ端からSOSなど発信していたら、危うくラピュタも毎回冒頭がカットされる映画になるところでしたね……

関連記事

  1. AirDropで写真のシェアをもっと便利に!
  2. 回る写真、回らない写真、この差は何かご存知ですか? 回る写真、回らない写真、この差は何かご存知ですか?
  3. Safariが重いとき、知っているひとはこうしている
  4. Apple IDのパスワードを忘れたらやるべき2つの行動ー前編
  5. フリック入力を更に便利にするボタンがあった フリック入力を更に便利にするボタンがあった
  6. 検索エンジン、iPhoneに合わせる? PCに合わせる? 検索エンジン、iPhoneに合わせる? PCに合わせる?
  7. もう今さら聞けない? iOS 11のアプリのダウンロード方法おさらい もう今さら聞けない? iOS 11のアプリのダウンロード方法おさ…
  8. iPhoneのカーソルにイライラしたら、遠隔操作という手もあるよ iPhoneのカーソルにイライラしたら、遠隔操作という手もあるよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

月別記事

カテゴリー一覧

PAGE TOP