iPhone・iPadのTIPS

ちょっとだけ親切かもしれないiTunesバックアップの取り方解説

ちょっとだけ親切かもしれないiTunesバックアップの取り方解説

しゃちほこフライUSBメモリが欲しいモンちゃんです。こんにちは。
なんに使うの? といえば、もちろんiPhoneのバックアップのバックアップを取りたいのです。
しかしながらすでに4GBでは足りないため、未だに買わずに済んでいます。

それはともかく、最近のiPhoneに入っている情報はたくさん!
ひとつひとつ手で移して……なんてやっていたら、一昼夜では終わりません。
本日は新型iPhoneも発売間近ということで、iTunesを使ったバックアップの方法を、画像多めでご説明したいと思います。

ちょっとだけ親切かもしれないiTunesバックアップの取り方解説

いちおうAppleのサイトにも、公式のハウツーはあります。
今回は「これよりちょっとだけ親切」を目指していきたいと思います。

まずはiTunesを用意

まずはiTunesをダウンロードします。
ダウンロード済みの方はこの手順を飛ばしてください。

iTunesのダウンロードサイトはこちらにあります。
PCからサイトにアクセスすると左に「今すぐダウンロード」と表示されます。
これをクリック。

これ

ダウンロードが開始されるとこんな画面が出ます。
あとはダウンロード完了を待って、ダウンロードしたソフトをダブルクリップで立ち上げれば準備完了!
画面に出て来る指示に従って、iTunesをPCへダウンロードします。

どういたしまして。

iPhoneとPCを接続する

続いてiPhoneとPCを接続します。
……が、すでにiTunesをインストール済みの方、特に「今からバックアップを取るiPhone」をPCと接続したことの無い方は注意が必要です。

こんな表示がでてきてしまったら

ひとつのPCに2台目以降のiPhoneを接続すると、下のような画面が出るときがあります。
マイiPhoneのデータを消すのはちょっとアレだったので、「iPad」と表記されていますが……

画面が表示されたら、(バックアップを取る場合は)「新しいiPhone(iPad)として設定」をクリックします。

必ず上に入れましょう

小さい点が「新しいiPhoneとして設定」に入っていることを確認してから、「続ける」をクリックします。
間違えて「このバックアップを復元」を選択したまま「続ける」を押すと、データが吹っ飛ぶので注意しましょう。

つづける

「続ける」を押すと画面一番上の表示がちょっとだけ変わります。
具体的に言うとリンゴマークが消えます。

リンゴの喪失

リンゴマークが戻って来たら、「開始」を押します。

でもどりんご

実際にバックアップを取る

職場のPCにマイiPhoneのバックアップを取る勇気は無いので、このままiPadでご説明していきます。

前の手順で「開始」を押した場合、もしくは接続時にストレートに来た場合は、下のような画面が表示されます。
「iPad」の部分は「iPhone」に脳内変換してください。

割とよく見る画面

この画面が開いたら、「今すぐバックアップ」をクリックします。

バックアップップ

あとは待つだけです。
またリンゴマークが消えるので、戻って来るまで待ちます。
地味ですが、左上のiPhone(iPad)の取り出しマークみたいなやつも、リサイクルマークみたいなやつに変わります。

なんかこうクルっとしたやつ

リンゴマークが戻ってきたら、作業は完了です。
「最新のバックアップ」の日付も変更され、リサイクルマークみたいなやつも取り出しマークに戻ります。

でもどりんご2

以上でバックアップ取得は完了です。

ローカルのバックアップを暗号化?

バックアップエリアにある「ローカルのバックアップを暗号化」の表記。

ナニモンだてめー的な

これはなんぞや? というところのApple の回答は、こちら
平たく言うと「LINEの会話ログなどもまとめてバックアップしてくれる機能」という感じです。
(バックアップできないアプリもあるので注意してください!)

パスワーーーーーーーーーーード

チェックを入れるとパスワードを入力するように求められます。
復元時にも同じパスワードが必須となります。
忘れるとこれを解除する方法は存在しないとのこと。

おすすめなのはPCのメモ帳などを立ち上げて、そこにパスワードを打ち込み、それをコピペして入力することです。
コピペに使ったテキストは、きちんと保存をしておきます。
そうすると復元時にもコピペで解決できます。

そもそも覚える自信が無い場合でも、iPhoneのメモアプリなどにメモしておくのはやめましょう。
大変な目に合いますよ!!

終わりに

以上、iTunesでiPhoneのバックアップを取る方法でした。
実は他にも、iCloudでバックアップを取る方法もあります。
後日そちらもご紹介いたしますね!

新型iPhoneが発表されて、2日。なるべく早めのバックアップで、機種変更に備えましょう!

関連記事

  1. 知らないところで探されている? iPhoneを探すって一体ナニモ…
  2. フリック入力を更に便利にするボタンがあった フリック入力を更に便利にするボタンがあった
  3. iPhoneを見失いそうなら、iPhoneに名前をつけておこう iPhoneを見失いそうなら、iPhoneに名前をつけておこう
  4. 溜まりに溜まったアラームは、Siriで一網打尽にできる 溜まりに溜まったアラームは、Siriで一網打尽にできる
  5. 夏の怪談再び! 写真を消しても容量が増えない!? 夏の怪談再び! 写真を消しても容量が増えない!?
  6. iOSのアップデートにApple IDが必要な、ただ1つの理由
  7. いつ決めた? 何にした? Apple IDのセキュリティ質問が思い出せないときは…… いつ決めた? 何にした? Apple IDのセキュリティ質問が思…
  8. iOS 11では緊急時もiPhoneにお任せ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

月別記事

カテゴリー一覧

PAGE TOP